CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
マーメイド
荒れる波に瞳ぬれてマーメイド

(荒波に涙を流し悲しむ私)

泪の果てまで沈むよ

(貴方が居ないなら涙が枯れるまでいっその事沈んでしまおう)

I miss you

(貴方が居ないと寂しいから)

La La ライラ ラライラ・・・

It`s a black night story

(これは暗い夜の物語)

Don`t be afraid on your LOVE

(貴方の愛はどんな形だろうと怖くはなかったのに)

Should be done by laterint his night

(あの日、貴方のあとを追って私も後を追いかけたけれど)

Don`t let me down

(お願いだから私を失望させないで 死なないで)

愛は白い渦に消えたマーメイド

(私の愛は海の中に消えてしまった)

孤独を選んだ心も

(一人陸に上がってしまった心も)

海に映る月も揺れてたけど

(恋しくなって見た海に映る月の心も揺れ動いていたけど)

帰らない いつまでも

(私はもうここには帰らない いつまでもあの人と海の深くに居るから)

これ以上傷つかずにすんだ 明日が幸せかい?

(これ以上傷つかずに済むけれど そんな明日は本当に幸せなんだろうか)

愛の荒れる波に瞳ぬれてマーメイド

(愛が溢れる荒波に涙を流し悲しむ私)

泪の果てまで沈むよ

(貴方となら涙が枯れるまで共に沈もう)

切ない思いに今さら気付けど

(貴方はもう居ない、と今更気づいた)
 
呼吸がつづかないよ

(悲しくて、呼吸が続かない)

これ以上引き裂かずにすんだ 明日を泳ぐのかい?

(これ以上貴方を思い出さずに明日なんか泳げる訳ない)
続きを読む >>
| 自分的詞解釈 | 19:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
Eden
同じ夢見る度に 失くしてる気がした

(毎日、何度も何度も同じ夢を見る度に 何かをなくしている気がした)

溢れる君への言葉 諭すように紡いでは

(君を溢れるほど思い、君が何処かへ行ってしまわないように、諭すように言葉を紡いだ)

流れる雲と 同じような白さを 幾度も求めて 僕らはここにいた

(空を自由に流れる雲と同じ白さを何度も求めて 僕らはここに存在していた)


Won't you stay by my side 何処かで繰り返してくとすれば

(君は、もう僕のそばには居ない でも、もしまた何処かで同じ事を繰り返すとすれば)

Please stay by my side また 君にめぐり遭いたいよ

(僕のそばで少しでも長く停まっていてほしい またいつか君にめぐり逢いたいよ)

We gonna reach for the Eden…

(僕達が楽園まで君を迎えに行くから 待ってて)


ほら小さなガラクタに 生命が宿るような

(使い道のなくなった小さな物に命が宿るような)

曖昧でどこか優し気な 嘘に包まれていたい

(もう傷つきたくはないから 本当だと言わないでほしい)

生まれる前から 変わらない僕らの

(生まれる前からもう決まっている僕らの)


変わっていく心を 手の平で愛撫して 忘れられるなら

(でも変わっていく心を 弄んで忘れられるなら)

Won't you stay by my side 全てを擦り減らしてくとしても

(君は、もう僕のそばには居ない 僕の全てを削ってでも)

Please stay by my side 今は 君の側で眠りたいよ

(僕のそばで少しでも長く停まっていてほしい 今は君の側で眠って、明日目覚めても君の顔が見たい)

ありふれた希望の詩を前にして 僕は何思うのだろう

(ありふれた希望の詩を見て 僕はどんな事を思うのだろう)

woo la la... 限られた時間の中泳いで 辿り着ける場所を探してる

(僕の人生の全てを懸けて 僕が最終的に辿り付ける場所を探している)

Won't you stay by my side 何処かで繰り返してくとすれば

(君は、もう僕のそばには居ない でも、もしまた何処かで同じ事を繰り返すとすれば)

Please stay by my side また 君にめぐり遭いたいよ

(僕のそばで少しでも長く停まっていてほしい またいつか君にめぐり逢いたいよ)

Cause we gonna reach for the Eden...

(僕達が楽園まで君を迎えに行くから 待ってて それが僕の最終的に辿り付ける場所)
| 自分的詞解釈 | 01:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
cool magic city
Don't stop the monkey turn ノーフィットな君

(歩くことをやめ、道をそれる人々 それがふさわしくない君)

でも当の本人は 笑顔・真顔・素顔

(でも君はそんな時でも普通通り)

あんなに昨日は『好きよ』って言っても

(あんなに昨日は『好きよ』って言っても)

もう映ったバックミラーの中で過去の顔

(もう、過去の出来事)

It's cool magic レトロなワンピース

(これは幻だ 古いワンピースを着た君)

見えそうで見えない Are you love?

(君の気持ちが見えそうで見えない 僕の事好きなの?)

Don't worry Don't worry 「つかまりなよ」背中に胸の温もり

(心配しないでつかまりなよと言った 背中に胸のぬくもりを感じた)

それだけを恋と呼ぶには 僕は貪欲で

(でも、それだけを恋と呼ぶには僕は大人じゃなくて)

君が思うほど安全な 走りなんかじゃなくて

(僕は君が思うほど安全な男じゃなくて)

急なアクセルでキスさえ 奪えるんだよ

(いつでも唇を奪えるんだよ)

最近はRainy days ノータッチの日々

(近頃は雨の日続き 全然触れられない)

バックシートが濡れちゃ嫌がるから今日も

(いつもはバイクに乗って移動してたけれど雨でバックシート濡れるのが嫌、と彼女が言うから車で移動。バイクの時みたいに体が密着しないから、結局今日も触れられない)

It's cool magic メトロの風

(これは幻 地下の生暖かい、気持ち悪い風)

吹き抜けろ 明日はShining sky

(風よ吹き抜けろ そうすればきっと明日は輝く空が広がる)

Don't worry Don't worry 「ついてきなよ」細い腕からませて

(心配しないでついてきなよと言った その細い腕を絡ませてきて?)

その続きを期待してる 僕の本性です

(その細い腕を絡め、その後をつい期待してしまう それが僕の本性)

優しいだけの男になど なれるわけもないから

(僕は優しいだけの男になどなれる訳もないから)

いまはこう見えてチャンスを 狙ってるんだよ

(今はそういうこと何も考えてないように見えるけど でも、実はチャンスを狙っているんだよ)

It's cool magic ステレオミュージック

(これは幻 ステレオから甘い音楽が流れる)

この街に流れて Fall in love

(この街にも流れてほしい そして、どうか僕と恋に落ちて)」
 
Don't worry Don't worry 「つかまりなよ」背中に胸の温もり

(心配しないでつかまりなよと言った 背中に胸のぬくもりを感じた)

それだけを恋と呼ぶには 僕は貪欲で

(でも、それだけを恋と呼ぶには僕は大人じゃなくて)

君が思うほど安全な 走りなんかじゃなくて

(僕は君が思うほど安全な男じゃなくて)

急なアクセルでキスさえ 奪えるんだよ

(いつでも唇を奪えるんだよ)
| 自分的詞解釈 | 00:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |